ネイリストは華やかな職業?

ネイリストは、爪を綺麗に整え、いろいろな色でおしゃれに可愛く変身させてくれる、爪のスペシャリストさんたち。
今や、ジェンダレスの時代となり男女問わずに需要もあり、アパレルのような華やかさがあるので、多くのひとが目指している。

一見華やかにみえるネイリストの年収や、将来、実際にはどうなのか詳しくみていきましょう。

ネイリストに資格は必要?

ネイリストには、国家資格を必要とされていません。

なので、資格がなくてもネイリストを名乗ることはできるのですが、
求人の採用条件に掲げられている条件として多いのが技能検定試験2級以上。

お客さんの信頼度を上げ、リピーターになってもらうためにも、スクールなどで、正しい知識や技術を身につけることが、ネイリストになる最短ルートです。

ネイリストの給料は?儲かるの?

ネイリスト 未経験者の給料

未経験の場合、アルバイト雇用からのネイルサロンが多いため、当然収入派下がってきます。
平均時給は、800〜900円。1000円ならいい方と言えるでしょう。

1日850円で8時間で、25日間働いたとします。
850円×8時間×25日間=17万
約15万から17万、多くても18万程度にしかならないのです。

正社員として、採用してくれるネイルサロンも存在していますが、最初は研修期間があるところがほとんど。

アルバイトは福利厚生が受けられないところがほとんど。
ネイルサロンは都心部に多く、朝早い所などもあるので、職場から近いところに住むことや、生活費などを考えると厳しいものになるでしょう。

ネイリスト 正社員の給料

18万〜35万とバラバラ。
ネイリストは技術や、固定客をつけていくと給料も高くなっていきます。

がんばりが、給料に反映される職業と言えるでしょう。

ネイリスト 店長の給料

店長クラスになると、月に30万〜50万程度。
サロンによってもまちまち。

美容師と比べてどちらの給料がいい?

よく同じサロン内にあったり、美容カテゴリの中で人気のある美容師。
美容が好きで、迷いがちな二つを比べてみました。

美容師の給料は、
店長クラス:平均33万〜50万。
ジュニアスタイリスト:平均16万〜23万。
スタイリスト:平均20万〜30万
トップスタイリスト:平均25万〜33万
アシスタント:平均15万程度

仕事量や売り上げに左右されるのは美容師も一緒。

さらに詳しい比較はこちらから!

ネイル産業の今の状況は?

関連するまとめ

本当にセルフネイル!?ネイルシールで簡単デザインネイル♡

おしゃれに欠かせないネイル。手先から足先までキレイでいたいと思うのが女性の本音。でもネイルするのに時間もお金…

beauvo編集部 / 1242 view

2017年秋にぴったりのネイルで指先も可愛く♪秋のネイルデザインカタログ♡

2017年秋。 ファッションやメイクとともにネイルも秋仕様にチェンジしたいですよね♡ 今年の秋はどんなデザイ…

kom / 417 view

キレイなネイルは日々のケアから!ジェルネイルを長持ちさせるコツ

ネイルサロンで施術したばかりのネイル。艶があり、一番美しい状態ですよね。それが、3週間から4週間もすると…艶…

beauvo編集部 / 1156 view

2016春夏のブームは曖昧さ。ニュアンスネイルが大人カワイイ

2016年は曖昧さがキーワード。ネイルにも曖昧さを取り入れることでぐぐっと魅力的な指先に♡

beauvo編集部 / 2014 view

タイダイネイルって知ってる?夏らしさたっぷりの大理石ネイル♡

大理石のイメージでちょっと高見え♡そんなタイダイネイル!ラストサマーネイルで挑戦してみてください!

Milk / 335 view