夏のダメージで肌がボロボロになっていませんか…?

真夏の照りつける太陽の下、あなたの肌は大丈夫ですか?

日焼け止め対策をばっちりしていても、紫外線は肌表面の
水分を奪い、美しいコラーゲンを作る細胞を破壊します…

さらにさらに!
汗を拭くことで肌の天然保湿成分が奪われ
肌ダメージの原因になることも!!

こんなに強い夏の時期。
今一度、お肌のケアを見直してみませんか?

赤ちゃん美肌になるために!そもそもシミができる原因とは?

赤ちゃんのような美肌を目指す方にとってシミは大敵。
では、そもそもシミは何が原因でできるのでしょうか?
シミができる原因について見ていきましょう。

⒈ 紫外線

紫外線による日焼けが原因でシミが出来ます。
紫外線量の多い夏は特に要注意。
紫外線によるシミを防ぐためには
紫外線をブロックすることが重要です。

⒉ 色素沈着

肌についた傷やニキビの跡が色素沈着し、
そのままシミになってしまうことがあります。
色素沈着によるシミを防ぐには、
ターンオーバー(肌の代謝活動)を正常なサイクルに
維持することが大切です。

⒊ 遺伝

子供の頃からそばかすがある方は遺伝の影響だと
考えられます。
残念ながら、遺伝のそばかすは美白美容液では
改善しません。
しかし、これ以上シミを増やさないためにも
肌のケアを念入りに行いましょう!

美白化粧水を選ぶポイント

いざ美白ケアを始めようと思っても
美白化粧水は種類が多すぎてわからない!
という方も多いのでは?

美白化粧水を選ぶ際、まず初めに
厚生労働省が認可した美白成分が入っていることを
確認しましょう!

厚生労働省が認可している美白成分

厚生労働省が認可している美白成分は

トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、トラネキサム酸、4MSK、マグノリグナン、プラセンタエキス、ハイドロキノン、D-メラノTM、t-AMCHA。ロドデノール

など現在約20種類ほどあるそうです。

また、数多くある美白成分ですが
成分によって効果が違います。

目的別に成分の効果を見ていきましょう。

美白成分の効果

⒈ 日焼け後に、メラニンの発生を防ぐタイプ

関連するまとめ

知らなきゃ損!エステに行くべき最高なタイミング

自分へのご褒美に、さらなる美しさを求めて足を運ぶエステ。リラックス効果も相まって、その美容効果はバツグンです…

beauvo編集部 / 3957 view

2016年は目元美人に!まつエク×まつパ徹底比較!迷った時の双方メリット・デメリット

肌質やリップの効果も大きいけれど、やっぱり目元の印象でガラリと変わるのが事実。今回はアイメイクの中でも、まつ…

beauvo編集部 / 80996 view

全てを真似したくなる大人気モデル!ローラになりたいを叶えるいろは【ファッション・髪型…

「オッケー」で一躍大ブームとなったローラさん。知らない人は日本ではいないというくらいの人気。その美貌や、歌唱…

beauvo編集部 / 2522 view

知ってる?究極の簡単ダイエット食品バジルシード

ご存知ですか?バジルシードという、チアシードに続くスーパーフードを。バジルシードの凄さ、魅力に迫ります!

beauvo編集部 / 680 view

間違った美容知識を一刀両断!コラーゲンと皮脂の真実

世の中には勘違い美肌法が沢山出回っています。出ては消える美肌法、本当に美肌になるなら出ても消えないはず。だか…

beauvo編集部 / 960 view

関連するキーワード