夏のダメージで肌がボロボロになっていませんか…?

真夏の照りつける太陽の下、あなたの肌は大丈夫ですか?

日焼け止め対策をばっちりしていても、紫外線は肌表面の
水分を奪い、美しいコラーゲンを作る細胞を破壊します…

さらにさらに!
汗を拭くことで肌の天然保湿成分が奪われ
肌ダメージの原因になることも!!

こんなに強い夏の時期。
今一度、お肌のケアを見直してみませんか?

赤ちゃん美肌になるために!そもそもシミができる原因とは?

赤ちゃんのような美肌を目指す方にとってシミは大敵。
では、そもそもシミは何が原因でできるのでしょうか?
シミができる原因について見ていきましょう。

⒈ 紫外線

紫外線による日焼けが原因でシミが出来ます。
紫外線量の多い夏は特に要注意。
紫外線によるシミを防ぐためには
紫外線をブロックすることが重要です。

⒉ 色素沈着

肌についた傷やニキビの跡が色素沈着し、
そのままシミになってしまうことがあります。
色素沈着によるシミを防ぐには、
ターンオーバー(肌の代謝活動)を正常なサイクルに
維持することが大切です。

⒊ 遺伝

子供の頃からそばかすがある方は遺伝の影響だと
考えられます。
残念ながら、遺伝のそばかすは美白美容液では
改善しません。
しかし、これ以上シミを増やさないためにも
肌のケアを念入りに行いましょう!

美白化粧水を選ぶポイント

いざ美白ケアを始めようと思っても
美白化粧水は種類が多すぎてわからない!
という方も多いのでは?

美白化粧水を選ぶ際、まず初めに
厚生労働省が認可した美白成分が入っていることを
確認しましょう!

厚生労働省が認可している美白成分

厚生労働省が認可している美白成分は

トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、トラネキサム酸、4MSK、マグノリグナン、プラセンタエキス、ハイドロキノン、D-メラノTM、t-AMCHA。ロドデノール

など現在約20種類ほどあるそうです。

また、数多くある美白成分ですが
成分によって効果が違います。

目的別に成分の効果を見ていきましょう。

美白成分の効果

⒈ 日焼け後に、メラニンの発生を防ぐタイプ

関連するまとめ

知らなきゃ損!エステに行くべき最高なタイミング

自分へのご褒美に、さらなる美しさを求めて足を運ぶエステ。リラックス効果も相まって、その美容効果はバツグンです…

beauvo編集部 / 4403 view

顔や鼻の毛穴の黒ずみ、抹消できる?あの紗栄子も使ってる、30代OLが選ぶ最強のアイテ…

毛穴の悩みってたえない…年齢を重ねるに従い、毛穴が開いてきたな…と悩んでいる方も多いはず。その原因は、お肌の…

Milk / 497 view

アンチエイジングや大事な日の前日に。きれいになれちゃうおすすめパック

「明日デートなのに、やばい、肌荒れ!」「明日は大事な用事があるのに、シワがめだつ。。。」「くすみ、やばいかも…

beauvo編集部 / 1634 view

2016年モテる女は’可愛い’より”THE美人”~美人になる方法〜

時代と共にモテる女性のタイプも変わるもの。今年、2016年のモテのテーマは何と言っても”THE 美人”系。ふ…

beauvo編集部 / 1861 view

誰にも教えたくない!さらさらになれる洗い流さないトリートメント

ブリーチ毛の私が美容師さんに教えてもらって実際に使ってみたアイテム厳選致ししました◎傷んでどうしようもない方…

beauvo編集部 / 5497 view

関連するキーワード