メイクの仕方がわからない・・!

最近メイクを始めた人もそうでない人もメイクの仕方って案外迷うもの。

中学生や高校生が学校でできる簡単メイクから、大人気オルチャンメイク、石原さとみ風メイク、男装メイクまで・・!

初心者さんへのポイントからもっと上手くなりたい人にも使えるテクニックまで。

あの顔になりたかった!近づきたい!ここのコンプレックスを直したいを解決していきましょう!

メイク前の基本は保湿。

まず、メイクをする前に大切になってくるのが保湿。
化粧水→乳液の順番で保湿していきます。

化粧水は洗顔後すぐにつけることが大切!

化粧水の肌への浸透率は、洗顔後は時間が経てば経つほど少なくなっていきます。

化粧水・乳液のつけ方。
・量の目安は各製品の説明にある表記(100円玉大とか500円玉大とかポンプに何プッシュなど)
・目安量を少量づつ2~3回に分けて使うと浸透が速く、効果的

次はベースメイク!

ベースメイクをする際のポイントは、塗り方や順番にコツがある!
そのコツを学んでいきましょう!

ベースメイクの順番?

基本的に、
日焼け止め→化粧下地→ファンデーション→フェイスパウダー
の順番で塗っていきます。

この時、しっかり保湿がされていないと、化粧下地が馴染みません。
逆に、油分が多すぎてもダメなので、ティッシュオフを心がけるようにしましょう。

綺麗に濡れる塗り方とは?

できるだけ「薄付き」を心がけて!

1 まず、パール1粒分位の化粧下地を顔全体に薄く伸ばします。
この時、肌馴染みが良くなるためブラシや、スポンジを使うのがオススメ。


2 BBやCCクリーム、クリームファンデ、リキッドファンデーションはここで塗っていきます。
顔の内側から外側へ、優しく伸ばしていくことが重要。額や頬など広い部分から塗り始め、小鼻や目の周りなどの細かい部分はその残りを塗ることがポイント。


3 気になる部分にピンポイントにはコンシーラー乗せていきます。
指で目立たないようにぼかしていきましょう。シミには自分の肌よりワントーン暗め、ニキビには黄み寄りのもの、クマにはオレンジ系のコンシーラーを使うときれいに隠せます。

4 スポンジ半分ほどの量のパウダーファンデーションを筋肉の流れに沿い、スポンジを滑らせるように塗り、最後に顔をスポンジで押さえるようにすると、粉っぽくなく馴染みます。

5 最後に少し時間を置いてからフェイスパウダーをはたくとメイクが長持ちします。

実は顔の印象は眉毛で決まる!

前髪で隠れるし・・そんなに見えないから・・
など、眉毛のお手入れおろそかにしてませんか?

実は顔の印象を作っているのは眉毛!と言っても過言ではないのです。
なりたい眉毛を研究してみましょう。

▽詳しくはこちらもチェック!

関連するまとめ

チークも進化してる!使ってみたい○○チーク2016

メイクをするときに、ポイントとなるチーク。チークも進化しているって知ってましたか?おしゃれを先取りして、周り…

beauvo編集部 / 1500 view

デカ目に見せる。一重さんでも安心!人気ユーチューバーの詐欺メイク【YouTube】

ユーチューバーさんは素人ながらもメイクの達人?!普段、聞けないことからココ知りたかった!なんてことまで教えて…

beauvo編集部 / 3373 view

ピンクメイクで主役を狙え!♡絶対に可愛くなれる2017ピンクメイクのやり方♪

簡単にできる、気分もあがって さらに可愛くなれる、ピンクメイクを提案します♡

Milk / 3481 view

ピンクメイクを覚えるだけ!冬のニットで守ってあげたいモテ女子完成。

春夏に流行ったピンクメイク。 実はニットが着れる秋冬だからこそ、似合ってしまう!また、クリスマス付近になると…

beauvo編集部 / 6807 view

秋を先取り。ボルドーメイクのやり方、おさらいしましょう♪

ボルドーメイクで女っぽく上品な私を演出しましょう!基本とコツを抑えて、旬な“大人色っぽい”を 簡単に実現♪

Milk / 1800 view

関連するキーワード